個人情報保護に関する運用について

城北支部での個人情報保護は「社団法人中小企業診断協会における個人情報保護に関する基本方針」による「個人情報保護基本規程」及び関連規約等(含む東京協会)により運営をします。

(1)利用目的

個人情報は次の目的以外に利用はしません。

  • 会員に対する協会活動(含む東京協会、支部、研究会)の案内や連絡
  • 会員名簿の作成、配布 名簿記載事項は、氏名、住所、電話番号、メールアドレス及び勤務先名とします。
    但し、会員から非公開要求がされた項目は記載しません。
  • 関係機関等に対する会員の推薦、紹介
    但し、会員から非公開要求がされた場合はその会員の推薦、紹介は行いません。

(2)収集方法

  • 支部で管理する個人情報は、東京協会からの会員情報を基に、支部会員名簿として管理します。
  • 支部で管理する個人情報は1.に加えて収集する必要が生じた場合は、会員本人に「収集目的、提供の有無」を伝えます。外部団体等から個人情報を入手する場合は、収集目的を明確にし、合法的に収集します。

(3)外部への提供

      支部で管理している個人情報を東京協会外部(中小企業庁、中小企業診断協会、各行政団体、マスコミ関係者等)へ提供する場合は、事前に本人に提供先と提供理由を明示し、同意を得て提供します。

(4)研究会等での管理

      支部研究会で管理している会員名簿については、支部での管理と同様に行います。このために、各研究会に個人情報管理者の任命を要請し、周知教育を行います。

(5)支部」管理体制

「個人情報保護基本規程」により、次のような管理体制で個人情報を管理します。

  • 個人情報保護部門管理者
    支部長

 

  • 個人情報取扱担当者
    支部長

 

  • 担当者
    支部長が指名

 

  • 監査責任者
    支部監事

 

  • 個人情報苦情・相談窓口
    支部長