平成30年度事業計画【活動方針と具体的な活動計画】

<活動方針>

1)効率的かつ社会ニーズに適応する物流システムの構築、改善を、荷主企業、中小物流業者及び支援機関に提案出来る診断能力の涵養。

2)物流関連業界における企業診断の機会獲得及びビジネスチャンスの発掘。

<活動計画>

1)会員からの発表

〇中小物流企業と働き方改革 〇農業分野の物流研究

〇中小物流企業の社内安全教育 〇中小企業の物流効率化と経営診断

等のテーマを予定

2)配送センターの見学

羽田空港等を予定

3)会員や会員外のネットワークを活用し、診断先の企業を開拓

4)物流コンサルティング企業との連携強化

例会は2か月に1回奇数月第3もしくは第4水曜日の18時45分から中央区内の区民館で開催。例会に変えて見学会を実施する場合もある。

 

平成29年度活動報告

6月10日  ヤマト運輸(株) 羽田クロノゲート見学会

7月26日  堀留町区民館   元トレーラ−運転手の診断士が語る運送業界よもやま話 (今野会員)

9月27日  久松町区民館   物流用語の確認とこれからを踏まえた物流の歴史的な流れについて (丹野会員)

12月23日  物流博物館(高輪)学芸員による説明 調達物流の改善(食品業) (吉田会員)

1月24日  久松町区民館 太陽光発電システム市場をめぐるサプライチェーンの変遷および見通し (大東会員)

3月20日  久松町区民館  消費税率アップと軽減税率導入に伴う物流の変化 (佐藤会員)