平成30年7月度の研究会を下記の通り開催いたします。

今回は河村裕司先生に昨今注目されている「デザイン思考」についてお話いただき,
実際にワークショップ形式で皆さまにそのプロセスを体験していただきます。
イノベーションの誘発や問題発掘・解決の方法として注目されている「デザイン思考」を
学び,体験する絶好の機会ですので,皆さまのご参加をお待ちしております。

[テーマ]
デザイン思考ワークショップ
~ 成熟時代の新製品や新サービス創造に向けた着眼点と思考法 ~

[受講対象者]
企業経営者
コンサルタント
プランナー
エンジニア
マーケッター

[講義概要]
デザイン思考とは、任天堂、Apple、Samsung、P&Gなどでも採用されてきた創造的な問題解決手法で
す。もともとデザインの語源は「設計」にあり、造形を考えたり着色することにより美しさを追求する
といった意味合いではありませんので注意が必要です。

デザイン思考は昨今、国の新たな注目分野であると同時に重要施策として位置付けられています。また、
経済産業省による調査報告やモノづくり白書でも取り上げられ中小企業診断士にとっても身近なものに
なりつつあります。

モノやサービスの成熟時代において、従来のフレームワークや定量分析のみから導かれる結論ではレッ
ドオーシャンを抜け出せないとの懸念は以前より指摘されてきました。一方、デザイン思考の本質は、
「ユーザー中心」の考え方のもとで 共感 -> 問題定義 -> 創造 -> プロトタイピング -> テストのプロセス
を繰り返すといった定性的なアプローチにより、イノベーションを意図的に巻き起こすというねらいが
あります。また、経営におけるデザインの力が着目され始める中で、これまで明かされなかったクリエ
イターの複雑な思考を一般の方でも理解できるよう体系化したものです。

昨今、デザイン思考による創造的な問題解決アプローチは、単にモノやサービスを生み出すための手段
にあらず組織開発や業務プロセス改革の場でも活かされはじめています。受講者の皆さまには、中小企
業診断士の論理的思考や分析のノウハウと組み合わせていただくことで、より多面的かつ現場のニーズ
を適切に捉えた問題解決の切り口が生まれることを願っています。

今回はワークショップ形式でアイデアを完成させるまでの一連の流れを体験していただき、皆さまにデ
ザイン思考をより身近に感じていただけますと幸いです。

[セミナー目録]
プロローグ
アイスブレイク
課題設定
インタビュー実践
エスノグラフィ(観察法)
共感マップ
ブレインストーミング
ペルソナ作成

[持ち物]
筆記用具(サインペンも持参ください)

本テーマに興味のある方、研究会会員の方は、ぜひご参加ください。初めてご参加される方も大歓迎です。

参加ご希望の方は、猿川宛てにメール返信ください。⇒ akira@sarukawa.jp
又は代表の八巻宛にメール願います。 ⇒ yuetsu.yamaki@ac.auone-net.jp

-  記 -

1)日時: 7月14日(土) 13:30~15:30

2)場所: 板橋ビュータワー1階研修室
板橋区板橋1-53-12
(都営三田線新板橋駅,JR板橋駅から徒歩数分)
*いつもと場所が異なりますので,ご注意ください。入館の際には
猿川の携帯電話(090-2201-0015)までお電話願います。

3)テーマ:「デザイン思考ワークショップ ~ 成熟時代の新製品や新サービス創造に向けた着眼点と思考法 ~」

4)講師  :河村 裕司 会員

5)参加費 :500円

<今後の予定>

8月は休会です。9月は予定が決まりましたら,ご案内いたします。