Ⅰ.東京都中小企業診断士協会と城北支部の関係 

1.東京都中小企業診断士協会とは

 東京都中小企業診断士協会は、社団法人中小企業診断協会連合会の事業に協力し、会員相互の連携を緊密にして、資質の向上に努めるとともに、中小企業診断制度の普及と推進を図り、もって地域中小企業と地域経済の健全なる発展に寄与することを目的として昭和34年3月18日に社団法人中小企業診断協会東京支部として設立され、平成24年4月2日一般社団法人東京都中小企業診断士協会として再設立されました。

2.城北支部とは

 城北支部は一般社団法人東京都中小企業診断士協会の支部事業本部に所属する組織として、荒川区、板橋区、北区、台東区、練馬区を主体に活動する中小企業診断士により構成されています。城北支部の中小企業診断士は中小企業様へ担当地域に合わせた、さまざま経営支援を実施しております。

Ⅱ.支部のスローガン 「診断士を楽しもう」

 歴代の支部長が取組んできたことを踏襲し、このたびスローガンとして「診断士を楽しもう」を掲げるにしました。ここで言う「楽しむ」は達成感や満足感を楽しんで欲しいということ。頑張った人が手にする楽しさ、相手から感謝される楽しさでございます。具体的には次の3つの楽しさです。

(1)コミュニケーションを楽しむ

 魅力的な会員との出会いの機会がたくさんあります。若手、シニアの交流も盛んです。素敵な出会いが人生を変えます。
・4大イベント(支部大会・スプリングフォーラム・秋大会・賀詞交換会)
・企業内診断士フォーラムなどの研究会、懇親会
・各部活動や企画イベント、懇親会など

(2)スキルアップを楽しむ

 自分の診断士スキルを磨く機会がたくさんあります。
・実力診断士を養成する城北プロコン塾
・専門スキルを磨く様々な研究会やセミナー
・実務従事ポイントの取得機会
・切磋琢磨する企業内診断士フォーラム

(3)ビジネスを楽しむ

 中小企業から感謝されることで仕事が広がります。たくさんの機会があります。
・まずは、キャリアデータベースへ登録
・プロならではの本音の情報交換があるプロコン診断士フォーラム
・収益事業の企画と推進
・各支援機関との連携推進(東京商工会議所・信用金庫・全国中小企業団体中央会など)
・各区会の診断士会(荒川・板橋・北・台東・練馬)との連携推進
・東京都中小企業診断士協会本部との連携ビジネス

運営の基本的な考え

 スローガン実現のために・・・
・「会員の充実した楽しみの機会」を支部活動が応援します。
・会員自らの「積極的な参画」があってこそ楽しむことができます。
・「共感する人間関係(信頼感、ルール、マナー、人間力)」があってこそ楽しいのです。
・「一人ひとりの顔が見える城北支部」への具体的な取組みをします。

皆さんで中小企業診断士ライフを楽しみましょう!

Ⅲ.会員数

470名(平成30年3月末現在)

会員数変遷診断士城北支部

 

平成19年198名、 平成20年201名、 平成21年228名、

平成22年255名、 平成23年315名、 平成24年3月315名、

平成25年3月338名、 平成26年3月372名、 平成27年3月392名

平成28年3月412名、 平成29年3月末449名、 平成30年3月末470名

Ⅳ.担当区など

一般社団法人荒川区中小企業経営協会     ( マップ▶ )

一般社団法人板橋中小企業診断士協会     ( マップ▶ )

NPO法人東京都北区中小企業診断協会     ( マップ▶ )

台東区中小企業診断士会           ( マップ▶ )

一般社団法人 ねりま中小企業経営支援センター ( マップ▶ )

NPOビジネスサポート