Ⅰ.東京都中小企業診断士会と城北支部の関係 

1.東京都中小企業診断士会とは

 東京都中小企業診断士協会は、社団法人中小企業診断協会連合会の事業に協力し、会員相互の連携を緊密にして、資質の向上に努めるとともに、中小企業診断制度の普及と推進を図り、もって地域中小企業と地域経済の健全なる発展に寄与することを目的として昭和34年3月18日に社団法人中小企業診断協会東京支部として設立され、平成24年4月2日一般社団法人東京都中小企業診断士協会として再設立されました。

2.城北支部とは

 城北支部は一般社団法人東京都中小企業診断士協会の支部事業本部に所属する組織として、台東区、荒川区、北区、板橋区、練馬区を主体に活動する中小企業診断士により構成されています。城北支部の中小企業診断士は中小企業様へ担当地域に合わせた、さまざま経営支援を実施しております。

Ⅱ.支部のスローガン

支部長挨拶(清水一都)

 順調な会員数増加率を今後とも維持するため、従来の支部長の活動方針を踏襲し、今年度は以下の方針で臨みまず。

1)中小企業・小規模事業者への更なる支援に向け、関係機関との連携・強化を図る

●東京商工会議所、信金、中小企業団体中央会などの外部機関との連携の維持

●5つの各区診断士会との連携強化

●城北支部の改訂パンフレットと新たなロゴマークの対外的な営業活動への活用

2)支部会員の更なる満足度向上に向け、ビジネス機会の拡大を図る

●入手案件の城北支部会員活用によるビジネス機会の拡大

●支部活動や研究会活動の中で対外活動に参加できる機会の増大

●収益事業についてのルールの確立

3)会員の積極的な参画に向け、新人からシニアまで活動しやすい体制を構築する

●更新ポイント獲得を伴う、診断士としての資質向上機会の増大

●各会員の属性に応じた参加選択ができるようなイベントの開催

■運営方針の骨子

 1)会員の事業提案の重視

 2)早期の結論重視

Ⅲ.会員数

450名(平成28年9月末日現在)

会員数変遷

平成19年198名、平成20年201名、平成21年228名、平成22年255名、

平成23年315名、平成24年3月315名、平成25年3月338名、平成26年3月372名、

平成27年3月392名、平成28年3月415名

kaiinnsuu

Ⅳ.担当区

台東区   ( マップ▶ )

荒川区   ( マップ▶ )

北区    ( マップ▶ )

板橋区   ( マップ▶ )

練馬区   ( マップ▶ )